結構大事な香港の話

あまり時事ネタをブログにしたりする事は無いのですけれども
ちょいとアレすぎるのでブログにまとめてみます。

「最近よく香港デモの話を見かけるけれども何が起こってるの??」
「引き渡し条例みたいなのが施行されると何がまずいの??」
「ぶっちゃけ日本と関係ないから別によくね??」

「本当は何が起きてるか知りたいけれども
質問するのも恥ずかしいし、調べるのも面倒くさい。」

そんな人に向けてツラツラと書いてみます。
是非皆さんのお知り合い、友達にもこの記事を教えてあげてください。

細かく言うと突っ込みどころもありますが、
まぁ今回はそこが趣旨じゃないって事でご容赦くださいな。

 

 | 中国と香港と台湾 |

そもそもこの3つの地域の区別がついてない人も多いと思うので簡単に。

ざっくり言うと香港は中国の一部で、台湾はもう一つの中国という感じなんだけど、
全く別の経済を持っていたりして実質的には3つとも別の国なのです。

例えば、お金に関しても中国は人民元というお金を使っているのに対して
香港は香港ドル、台湾は台湾ドルというお金を使っています。


中国で使われている人民元。


香港で使われている台湾ドル。


台湾で使われている台湾ドル。

お金だけじゃなくて裁判所や司法制度など、
それぞれが独立した機関を持っています。

それはなんでかというと色々ありまして、
結果的に中国と香港と台湾、
それぞれの独立した行政を持つことになります

なんでそうなったかと、すんごい簡単にまとめると。

昔々「中国はこうであるべきだ!!」と争ってた2つの政党があって、
その争いに勝った方が今の中国を統治する事になり、
負けちゃった方が台湾に撤退してそこで独自に政治を行う事にしたのです。

なので台湾は言ってみればもう一つの中国というイメージ。
成り立ちの後先で言えば台湾に撤退した政党の方が先発の中国なんだけどね。

香港に関しては元々中国の一部だったんだけど、
中国がイギリスに戦争で負けた時に香港を取られちゃって、
その150年もの間、イギリスが香港を統治していたんです。

イギリスは香港にお金も時間も掛けてすんごい発展させた結果、
貿易港として香港はめちゃめちゃ発達しました。
で、割と最近イギリスは中国に香港を返還しました。

「中国に返還した」ので香港は中国の一部ですが、
もう150年もイギリスの統治が続いてればほぼ別の国。

なので「まぁ香港はそのまま自治を続けていいよ。」となりまして、
特別行政区って事で中国本土とは別の経済を持っているのです。

ちなみに香港で行われたとあるアンケートによると
「自分の事を中国人だと思っている香港人」は15%くらいだそう。

香港人の8割は自分の事を中国人だと思っていない。
そのくらい香港の人々は中国と香港は別だと認識しているのです。

 

 | 香港人が台湾で殺人を犯しちゃった |

ちょいと喜ばしくない話なんだけれども、
とある香港人が台湾で恋人を殺してしまって
そのまま香港に逃げ帰ってしまったんです。

もちろん道徳上の話ならばその人は台湾に戻り、
台湾の裁判でその人は裁かれなければいけないんだけれども
香港と台湾は「犯罪者引き渡し条約」を結んでないから
「そいつを台湾に戻してくれ!!」と要求する事も出来ないし、
それに応える義務もなければ責任も無いのです。

こりゃ困った。

こういう抜け穴が存在するのは良くないよねって事で
この事件を理由に「引き渡し条約を広めよう!」、
「逃亡犯条例を改正して引き渡しを出来るようにしよう!!」って
今香港の行政長官が動いているわけなのです。

正直、これだけだと特に問題はなさそうに聞こえるよね。
「ああ、そういう流れか。引き渡し条約を結んだ方がいいかも。」
って思っても流れ的には特に問題なさそうなんだけれども。

「それは待てや!!なにぬかしとるんじゃ!!」と
香港の人はめちゃくちゃ猛烈にとんでもなく反発しまして、
近頃よくツイッターやニュースで見かける大規模なデモが起きてるのです。

700万人しかいない香港人なのに、
100万人以上がデモに参加してるってんだから、
それだけで凄まじさが伝わってくるよね。

じゃぁ一見問題なさそうなこの流れにおいて
何がそんなに問題なんだろうか。

 

 | 中国って基本的にガチでやばい |

ちょっと話が寄り道するんだけれども、
六四天安門事件っていう事件がある時起きたのですよ。

ざっくり言うと中国の天安門広場っていう超絶だだっ広い広場で
「政治を変えてくれー!!」って色んな人がデモを起こしたら
中国政府がその人達を片っ端から殺しちゃったという事件です。

この時点で半端ないよね。

もちろん政府も「デモとか困っちゃうから解散してくれ~。」と促したけど
なっかなかデモの人たちが解散してくれないから
「もう殺しちゃっていいか。」と武力行使しまして、
何万人という人がなくなりました。

信じられませんが、マジです。

もちろん国内からも痛烈な批判が起きましたし、
国際的にも色んな国から「お前なにやっとんねん!?」と
めちゃくちゃに突っ込まれました。

これが「中国ってヤバすぎやろ。。。」っていう
象徴的な事件として世界的に認識されています。

 

で、さすがに現代においては中国も反省して
もうちょい良い流れになっているのかと思いきや
実はやってる事は今でも大して変わらなくてですね。

何をしてるかというと言論統制を行っておりまして。

マジで信じられない話ではあるのですが、
中国ではインターネットは規制対象でござんして
Google,LINE,Twitter,Facebook,YouTube,Instagramなど
みなさんが日常的に使っているネットサービスは
ほとんど規制の対象で中国では使えません。

一時期LINE乗っ取りって流行ったじゃないですか。
アレってほとんどが中国からの発信だったんですけど、
「天安門」って送ると即通信がシャットダウンされて
相手が退出するという撃退の必殺技が使えたのは
そういう背景があったからなんです。

 

あと日常的に天安門の事なんか話ししたりしてると
反社会的勢力とみなされて犯罪者扱いになります。

「日本はもう戦争に勝てないんです!!」なんて叫ぶと
「貴様、非国民だな!!」と投獄される戦時中みたいなもんです。

もう一つ、天安門事件の象徴としてこんな写真があります。
海外で「タンクマン」と呼ばれている有名な写真です。

6月4日に武力弾圧があった翌日、
天安門を通る戦車の前に立ちはだかって抗議をする男性。

タイム誌においては「20世紀最も影響力のあった100人」に選ばれ、
ライフ誌においては「世界を変えた写真100」に選ばれる位に
中国の当時の情勢(今でも変わらんけど)を物語る一枚の写真となっております。

ちょいと脱線が続くようなんだけれどもさ、
ジョン・サドワースってイギリス人の人が
「この写真(タンクマン)を見たことがありますか??」って
中国で中国人に聞きまくるっていう動画があるんだけどさ。

中国の言論統制の甲斐もあってかこの写真を見せても
多くの人が「知らない、見たこと無い」と応えるんさ。

でも、ある大学生はこう応える。
「見たことはある。でも多くの中国人は知らないと思う。」

そんである老人はこう応える。
「よくもその写真をここで見せられるな。」

うおおお!!こえぇ!!!ってゾクッとしません・・・??

だって言論統制されてるのって大体30年間とかだから、
40歳以上の人は全員と言わずとも知っているはずなんですよ。

でも大人も子供も口並揃えて「知らない」という。。。。
まるで知ってると言うと何が起こるかを知っているみたいに。。。

 

 | 香港の基準が中国基準に!? |

 

中国のアレっぷりはこれだけでも十分わかってもらえたと思うけど、
これらの事はもちろん世界も知っているし、知らなくても調べる事が出来るし、
当然、香港の人たちも「中国やべぇ。」って事は知っている。

「中国やべぇ。」ってのを知らないのが中国だけっていうやばさ。

さっきの天安門が起きたのは香港がイギリス統治時代の事だったから、
香港の人たちは一連の流れをすべて知っているし、言論統制の事実も知ってる。

だから中国と違って香港は言論統制されてないし、
普通に外国と直接貿易も行っています。

「香港と中国を一緒にしないでくれよ~。」って
自分が香港人だったら確実に思うでしょうね。

で、今回の逃亡犯条例改正の何が一番まずいかというと、
犯罪容疑者になった時点で中国本土に移送されて
裁判にかけられる様になる、という事。

極端に言えば中国が反社会的勢力とみなせば
誰でも中国本土に引っ張ってきて難癖つけて裁判掛けて
犯罪者に仕立て上げる事が出来る様になるという事。

コレ、香港人だけじゃなくて、
香港に入国した外国人も全員対象。

飛行機の乗り換えとかで一時的に入国している人ももれなく対象。

香港にいるすべての人が容疑をかけられたら
そのまま中国本土に連れて行かれる可能性が出る。

 

もうなんとなく、わかっているとは思いますが、
中国の政治や司法は非常に不透明で何が起きてるかわかりません。

香港のとある富豪が行方不明になって
あとあと中国本土で拘束されてる事がわかったり、
中国を批判する本を沢山扱う書店の店員が次々消息不明になったり。

「もし改正されたら香港は他の中国の地域みたいに不自由になってしまう!!」
そう香港の人たちが危惧するのも当然の事といえましょう。

ここまで読んで頂ければなんで700万人しかない香港で
100万人以上がデモを起こしているのかがわかって頂けるかと。

 

 | 自分らに出来る事としては |

「こりゃーやべー事が起きてるぜ!!どうしましょ!!」と
思ったり感じたりした時に僕らに出来る事としては。

単純ですけれども、まず出来るだけ話題にする事。

日本国民がめっちゃ注目してんぜ、って事を
日本のマスメディアにも政治にも世界にも知らせる事。

もう少し行動してもいいという人は署名もアリ。

https://petitions.whitehouse.gov/petition/extradition-law-amendment-hong-kong-threat-personal-safety-and-freedom

こちら、わたくしも昨日初めて知ったんですけれども、
署名が10万人集まるとホワイトハウスは何かしらの行動をしなきゃいけないという
なんともアメリカらしい署名サイト。もちろんアメリカ公式です。

上のリンクをクリックしてお名前、メールアドレスを入力。
そうするとメールが届くので確認のリンクをクリックすればOK。

別の署名サイトでもこんなんがあります。
https://bit.ly/2WFZCge

 

わたしから皆様へ伝えたかった事は以上。
これ以上の事が気になる人は自分で調べたりしてみてくださいな。

ただ、一つ言えるのは。
見てるだけってのも時には罪なんだぜって事ですかね。

どうですかね、知らぬ存ぜぬで過ごしてても良いと思えますか??

ちょいと今日、職場で学校で部活でサークルで。
「そういうえば香港のデモ、どう思う??」と一言話題にするだけでも
全然変わってくるものなんですぜ。

 

 



コメントを残す

スパム対策のためコメントの表示は承認制になっております。ご了承下さいませ。